CSR

第12回石見銀山文化賞受賞者が決まりました!

第12回石見銀山文化賞表彰式のご案内

本年も「中村ブレイスの石見銀山文化賞」の表彰式を下記の通り当地にて開催いたします。

 ~中村ブレイスの第12回石見銀山文化賞 表彰式~  

日時:2019年7月26日(金)  午前10時00分~11時00分(開場:9:30) 
場所:オペラハウス「大森座」(大田市大森町)

式次第
Ⅰ、主催者挨拶 
Ⅱ、受賞者紹介 本 賞:西村 幸夫 氏
            神戸芸術工科大学教授 東京大学名誉教授
       
Ⅲ、記念盾・副賞 授与
Ⅳ、受賞記念講演

第12回石見銀山文化賞受賞者

本 賞:西村 幸夫 氏
    神戸芸術工科大学教授 東京大学名誉教授
   



(表彰盾・賞金50万円を進呈)

表彰内容

 西村幸夫(にしむら ゆきお)氏は1952年福岡市生まれ。神戸芸術工科大学教授。東京大学名誉教授。

 

 東京大学卒、同大学院修了。明治大学助手、東京大学助教授、MIT客員研究員等を経て、1996年より2018年まで東京大学教授、2011年より2013年まで同副学長。専門は都市計画。工学博士。日本イコモス国内委員会委員長、国際遺跡記念物会議(ICOMOS)副会長、文化庁参与、文化庁文化審議会委員、同世界遺産特別委員会委員長、国土交通省国土審議会委員などを歴任。日本ならびにアジアの歴史都市の保全計画立案にかかわる。 


 平成161月~平成181月まで推薦書作成専門委員会委員として石見銀山の世界遺産登録にご尽力をされました。世界遺産登録後の平成1912月~平成263月まで石見銀山遺跡調査活用委員会委員として「世界遺産・石見銀山遺跡とその文化的景観」の調査研究、整備事業及び活用事業について、西村先生の専門分野から指導・助言をいただき、世界遺産石見銀山の発展にご尽力をいただきました。このように西村先生は石見銀山世界遺産登録、発展に多大なご功績を残されており、我が国の文化行政の重鎮であります。


 主な著作に『都市から学んだ10のこと』(学芸出版社、2019年)、『県都物語』(有斐閣、2018年)、『西村幸夫 文化・観光論ノート』(鹿島出版会、2018年)、『まちを想う 西村幸夫講演・対談集』(鹿島出版会、2018)、『都市保全計画』(東大出版会、2004年、2005年度日本都市計画学会論文賞)、『環境保全と景観創造』(同、1997年、1998年度日本不動産学会著作賞)など。編著に『まちを読み解く』(朝倉書店、2017年)、『観光まちづくり』(学芸出版社、2009年、2010年度日本観光研究学会観光著作賞)、『都市美-都市景観施策の源流とその思想』(学芸出版社、2005)、『日本の風景計画』(同、2003)、『都市の風景計画』(同、2000)など。1997年度日本建築学会賞(論文)受賞。