龍源寺間歩

p_240-180_06
間歩(まぶ)入り口
p_240-180_07
間歩(まぶ)内部
石見銀山では銀を掘り出す坑道を”間歩(まぶ)”と呼びます。江戸末期にはこの間歩が300近くも掘られました。生々しいノミの跡や切場の様子が当時のまま残され、鉱夫の刻むノミの音が今にも聞こえてきそう。この龍源寺間歩は全長およそ300メートル、薄暗い坑道を歩いてシルバーラッシュの夢の跡を旅してみましょう。