世界遺産 石見銀山情報

世界遺産 石見銀山情報

honsyamae
石見銀山は、延慶2年(1309年)、周防の国守大内弘幸によって発見されたと伝えられています。天文2年(1533年)、博多の豪商神屋寿禎により、灰吹法という銀の製錬の導入で、シルバーラッシュを迎え、当時の世界の3分の1の銀を産出しました。

銀山の領有をめぐり、戦国大名大内氏、尼子氏、毛利氏らによって争われ、16世紀のヨーロッパの大航海時代の地図には、マルコ・ポーロの紹介したジパング(黄金の国)の銀鉱山としていち早く登場します。江戸幕府、徳川天領となり、我が国を代表する大銀山は、慶長(1610年)の頃には、人口20万人、寺院の数100ヶ寺に及び、京や堺に負けぬにぎわいとなったのです。華やかな歴史を秘めながらも、大正12年(1923年)、ついに閉山。 

700年の歴史の遺跡は、よみがえり、昭和44年(1969年)に文部省(当時)により重要鉱山史跡、昭和62年(1987年)には、町並みが重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。さらに、仙の山、石銀(いしがね)山頂一帯に貴重な中世の鉱山町跡が発掘され、銀を運び出した街道跡、積出港とともに、平成19年(2007年)7月「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、ユネスコの世界遺産に登録されました。
p_320-240_01
日本で14番目、アジアで初めての産業遺産です。
中村ブレイスのある世界遺産石見銀山は700年の歴史に包まれた史跡のまち。

島根県のほぼ中央、美しい海岸線と雄大な山々に囲まれた大田市のやまあいにあります。その昔、ここでは大量の銀が産出されていました。ここから運ばれた銀が、徳川幕府の栄華の源を築いたといわれています。石見銀山のある大森町は豊かな自然に恵まれた、人情豊かで心からくつろげる憩いの町です。

江戸時代の面影を偲ばせる大森の町並みをあなたも散策してみませんか?

観光案内リンク集

石見銀山資料館
石見銀山の歴史・資料について、詳しく紹介している専門サイトです。
大田市観光協会
大田市の宿泊・交通アクセス情報が充実しています。
世界遺産 石見銀山
(大田市教育委員会石見銀山課)
石見銀山マップ、トレッキングガイドなど便利です。
三瓶山周辺観光案内
三瓶山広域ツーリズム振興協議会。
温泉津町観光協会
歴史と湯の町「温泉津町」のホームページです。